Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

シェムリアップ観光『おすすめベスト3』in カンボジア

f:id:rhate:20150731200839j:plain

「シェムリアップ」カンボジア最大の観光地域で、たくさんの名所があります。

そのなかで、『おすすめ観光スポット・ベスト3』を、私なりに選んでみました。何かの参考になれば幸いです。

※あくまでも私の好みなので、悪しからず…

 

「シェムリアップ観光」――入場料や治安について


…と、その前に、シェムリアップ観光の基本情報を書いておきます。

まず、遺跡を回るには「入場料」が必要です。

  • 1日入場券 US$20
  • 3日間有効入場券 US$40
  • 7日間有効入場券 US$60

「アンコール・ワットだけ見れればいいや」という人は、1日入場券で大丈夫です。が、遺跡の大体を見たいようであれば、3日入場券がおすすめです。

また、観光客の中には、「自転車」をレンタルして、遺跡を巡る人がいます。これだとツアーよりも安くすみます。

が、私はトゥクトゥクなどを利用したツアーをおすすめします。天候は暑く、スコールの可能性もあります。遺跡内を観て歩くだけでも、けっこうな運動です。自転車で巡るのは、意外とハードです。

限られた旅行期間の中で、効率よくまわるためにも、ツアーを私はおすすめします。(※ちなみに私は、3日間のツアーに現地で直接申し込み、25ドルでした。トゥクトゥクに乗って、有名どころの遺跡は全て観ることができました。)

シェムリアップの「治安」


ほとんどの人はシェムリアップに宿泊すると思うのですが、「治安」はどうであるか?

個人的には、“そんなに治安は悪くはない”、というのが私の印象で す。やはり、かなり観光地化されていますから、比較的安定しているんじゃないかと。夜のパブストリートやマーケットにおいても、乱暴な雰囲気はなくて、観光客が穏やかに楽しんでいるように見えました。といっても、もちろん油断は禁物で、スリなどには気をつけましょう。(ちなみに、プノンペンのほうが、よっ ぽど治安は不安定だと感じました。シェムリアップよりはまだマシだと思います)

では、そろそろ本題にいきます!ベスト3!

第三位 『アンコール・ワット』

 

f:id:rhate:20150731200744j:plain

f:id:rhate:20150731200817j:plain

f:id:rhate:20150731200717j:plain

言わずもがな、知名度ダントツNo.1は間違いなくココでしょう。

それ故、あまりにも期待値が高すぎると、「んー、こんなもんか」と思うかも…。ですが、シェムリアップの数多い遺跡のなかでも、規模や広さは、やはりアンコール・ワットが頭ひとつ出ています。

また、運がよければ、アンコールワットから昇る朝陽を見ることもでき、早朝から観光客で賑わっています

個人的には、アンコール・ワット内部よりも、その門構えなどを外側からみたときのほうが印象深かったです。

なんだかんだ行っておくべき場所です。

第二位 『アンコール・トム』

 

f:id:rhate:20150731200346j:plain

f:id:rhate:20150731200334j:plain

遺跡のいたるところに、「人の顔」をした石が並んでいます。

テレビで見たことのある人も多いでしょう。王道ですが、ココも、やはり観ておくべきでしょう。実にユニークです。

場所は、アンコールワットの近くにあるので、おそらく大体の人は、アンコールワットの次に観ると思います。

ちなみに私の感想は、「アンコールワットよりコッチのほうが見応えがあるな」、でした。そういう人、たぶん多いんじゃないかと思います。

第一位 『タ・プローム』

 

f:id:rhate:20150731200255j:plain

f:id:rhate:20150731200312j:plain

f:id:rhate:20150731201216j:plain

樹木が遺跡に寄生しているかのような、不思議な光景をみることができます。まるでマンガやアニメの世界。これは一見の価値ありです。

精巧な石造りの遺跡は、もちろんスゴいのですが、巨大樹木はそれを凌駕する存在感があります。石が「静物」であるのに対し、樹木は「生物」だからでしょう。

「石」と「樹木」の共生が、ここまで“巧く”現れているのは、珍しいだろうと思います。ザ・貴重な「画」。

◆ ◆ ◆

ということで、簡単ではありますが、シェムリアップのおすすめ観光スポット、ベスト3でした!

※あくまでも私の主観ですので、期待はずれだったらスイマセン!

でも、あえて断言的に言いますが、今回あげた3箇所は王道ですので、シェムリアップに行くなら見たほうがいい、いや、“見なきゃいけない場所”と言ってよいです!

どなたかの参考になれば幸いです!

ではまた!良い旅を!!