読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ドコモ『海外利用』アプリが便利!――パケホーダイの注意点など

海外便利アプリ

f:id:rhate:20150617125801j:plain

“海外でも「ドコモ」の携帯で電話をかけることができるよ!”

……と、そのように周囲から聞いていたのですが、マレーシアに到着したら、『電波が一本も立っていない、圏外になっている』

「あれ? おかしいな、なんでだろう…」と、ずっと気になっていたのですが、国際電話はLINEで行っていたので、放置していました。

が、先日、『ドコモ海外利用』アプリを使うことで、あっさりと解決しました!

今回は、そのことについて書きたいと思います。

私と同じように、「海外でドコモの携帯電話がうまく使えない、圏外で電波が立っていない」という人の参考になれば幸いですし、また、このアプリ、海外旅行の際に便利な機能が多々あります。そのあたりも伴わせて書きたいと思います。

 

『ドコモ海外利用』アプリを使おう!


まずは、Google Playからダウンロード↓

ダウンロードが完了したら、早速、アプリを起動してみましょう。

※途中、国内の「パケホーダイ」を契約しているかどうか尋ねられます。たとえば、『海外ではネットを使わないので、日本で国内のパケホをはずしてきた』という人は、“未契約”になります。この場合、海外パケホーダイ適用外となり、上限がないので、パケット接続すると高額の料金がかかる可能性があります。←大事なところなので後述します

さて、、、

もし私と同じように、携帯の電波が0本の場合、【圏外】と表示されているはずです↓

f:id:rhate:20150818001640j:plain

【ネットワーク検索】をタップし、ネットワークを“自動的”に選択、オートの設定にすると、携帯の電波が立つようになります。私はこれで直りました。(※滞在国によっては電波がたたないこともあります)

電話をかけようとすると、「国際ダイヤルアシスト」という表示がでます↓ 自動的に国コード(+81)も付いて、海外から日本への電話発信することができるようになりました。

f:id:rhate:20150818001612j:plain

「利用料金」はどれくらいなのか?


では、「通話料金」はどれくらいかかるのか?

また、下記画像のように、「海外パケ・ホーダイ対象国」と表示されている場合は、日本と同じように、Wi-Fiではなく、ドコモの契約でパケット通信を行うことができます。(※【通信設定】よりデータ通信とローミングをONにすれば利用できます)

f:id:rhate:20150818001536j:plain

「海外パケ・ホーダイ」とは、パケットを使ったら使ったぶん、無限に料金がかかるのではなく、ちゃんと上限が決まっている仕組みです。これは国内のパケホを契約していれば自動的に適用されます。

が、正直、「海外パケ・ホーダイ」といっても、けっこうな料金がかかるのでご注意。

一体いくらかかるのか?――このアプリの【料金案内】から調べることができます↓

f:id:rhate:20150818001403j:plain

f:id:rhate:20150818001352j:plain

これによると、、、

■海外パケ・ホーダイ

  • 20万パケットまで最大:1,980円/日
  • 20万パケット以上最大:2,980円/日

上限が決まっているので安心なのですが、結構な金額です。1日最大2,980円ですから。

また、料金案内の画面から、「通話料」「SMS」の料金もわかります。通話料は国によって違うので、このように簡単に調べられるのは便利ですね。

(※他にも、『時刻補正サポート』『WORLD WING Wi-Fi』『海外パケ・ホーダイ限定』といった便利な機能もあります。『海外パケ・ホーダイ限定』とは、 「海外パケ・ホーダイ」対象外の国では、パケット通信できない設定に変更する機能です。それぞれの詳細な説明は今回は割愛します)

『ドコモ海外利用』アプリの注意点――自分の契約内容を把握しているか?


最初のほうで少し書きましたが――

「海外パケ・ホーダイ」を利用するには、国内のパケット定額サービスの契約が必要です。もし契約していない、あるいは節約のためにパケホをはずしてきた場合、海外パケホーダイ適用外となっています。上限がないので、パケット接続すると高額の料金がかかる可能性があるので、気をつけましょう。

――ところで、自分の携帯電話の「契約内容」をきちんと把握しているでしょうか?

というのも、このアプリでは、国内のパケット定額サービスを契約しているか、自動で取得することができません。このアプリでは契約状況を確認することができない。つまり、国内のパケホを契約しているかどうかは『自分で調べてくださいね』、ということ。

なので、例えば――実は、国内のパケホが“未契約”なのに、契約していると勘違いしていた。てっきり「海外パケ・ホーダイ」が適用されると思っていた。上限があるからと安心してパケット通信を行っていたら、高額な料金が発生していた――ということがあります。

基本ですが、“契約内容をちゃんと把握しておくこと”が大事です

◆ ◆ ◆

以上です。

電波が“圏外”になってしまうことについては、このアプリを使わなくても、端末の設定を直接いじって直すことできます。が、このアプリを使ったほうがわかりやすいと思います。

また、「海外パケ・ホーダイ」とは別で、「海外1dayパケ」というドコモのプランがあります。

基本的には、フリーWi-Fiを利用したほうが得です。が、事情あってパケット通信をする必要があるなら、一度、ドコモショップでプランの相談などしてみるといいと思います。

ということで、ではまた。良い旅を!


※通話に関しては、『LINE』の国際通話のほうが安く済むことがあるので、よろしければ下記も参考にしてみてください↓[]