Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

翻訳アプリならコレ!Google翻訳をオフラインで活用しよう!

f:id:rhate:20150606190456j:plain

海外に行く際は、スマホに何かひとつでも翻訳アプリを入れておくと便利です。

翻訳アプリ、いろいろとありますが、有名なものとして、Google翻訳があります。

Google”というビッグネームですから、安心感もありますし、非常に使いやすいです。直感的に、使い方がわかります。

AppleAndroid、どちらでもダウンロードできます↓

 

Google翻訳


Google翻訳の主な特徴は以下。

  • 90言語に対応
  • 音声、カメラ、手書きの内容を翻訳できます。
  • 旅行中もオフラインで翻訳。インターネット接続は必要ありません。


一点だけ注意があります。大事な部分です。

最後の、“旅行中もオフラインで翻訳。インターネット接続は必要ありません。”とはどういうことかというと、事前にオンラインの環境下で(たとえば日本にいるうちに)、英語やフランス語などをダウンロードしておくこと、そうすれば、現地でもオフラインで翻訳ができる――ということです。

なので、ネットにつながっていれば問題ないのですが、そうでない場合、事前にその言語をダウンロードしていないと、翻訳しても表示されません。

たとえば、フランスに行くのであれば、「フランス語」と「英語」と、そして忘れてはならない、「日本語」をあらかじめダウンロードしておきましょう。

ダウンロード方法は、アプリをたちあげ、言語選択のところから行うことができます。画像参照↓

f:id:rhate:20150606195655p:plain


こうして、事前にその言語をダウンロードしておけば、オフラインであっても翻訳することができます。これはなかなか便利ですよ。

では、外国語が苦手な私が、実際、Google翻訳をどのように使っているか、記しておきます。

90言語に対応していることのメリット


たとえば、マレーシアですと、ほとんど英語が通じます。「英語ならしゃべれる」という場合、こういった翻訳アプリは不要であると思うかもしれません。

しかし、実際、現地についてみると、特に看板、“マレー語”で書かれていることが多々あります。英語ではありません。

「◯◯の国では、ほとんど英語が通じるから安心」とはいっても、看板や標識もろもろの言葉は、英語ではなく現地の言葉であることがあります。

そういうときに、Google翻訳を活かすことができます。

マレー語を含め、Google翻訳は90言語に対応しているので、「この中に無い」というのは稀であると思います。

また、あまり使わないかもしれませんが、、、「音声」「カメラ」「手書き」の内容を翻訳することもできるので、場合によってはそういったのを利用してみるのも手です。

◆ ◆ ◆

Google翻訳、どうでしょうか。

ポイントは、2点。

  1. 「オフラインでも使えるように、その言語を事前にダウンロードしておく」
  2. 英語圏であっても念のため現地の言語をダウンロードしておく」


以上です。

海外旅行の際に、役立つアプリだと思いますよ。

参考になれば!ではまた!