読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

海外でクレジットカードやキャッシュカードを盗難・紛失したときどうするか?

f:id:rhate:20150811205854j:plain

ベトナム・ホーチミンで財布をスられたときの話は以前、このブログでもしましたが。

その際、現金といっしょに「クレジットカード」と「キャッシュカード」も盗まれてしまいまして…

そのときの対処方法などを、メモしておきます。

海外でクレジットカードやキャッシュカードを盗難・紛失したときの参考になれば幸いです。

 

海外で「クレジットカード」や「キャッシュカード」を盗難・紛失したとき

 

すぐにカード会社に連絡する


当たり前ですが、クレジットカードの紛失・盗難に気づいたら、すぐにカード会社に電話連絡しましょう。そしてそのカードを無効にしてもらう。

深夜であろうと早朝であろうと、気づいたらすぐに連絡することが大切です

カードには一日におろせる限度額(また、一回でおろせる限度額)があったりするので、一日、一分遅れるだけで、損害額は変わってきます。

「疲れたし、少し休んでから連絡しよう」などと言ってる間に、取り返しのつかないことになるので、疲れてても頑張って連絡しましょう。

また、大体のところは24時間電話受付しているので、深夜であろうとかまうことはありません。

カード会社の「問い合わせ電話番号」を知っているか?


海外でクレジットカードやキャッシュカードを紛失・盗難したときの、そのカード会社の「問い合わせ電話番号」をご存知でしょうか?どこに連絡すればいいか、知っているでしょうか?

日本にいる間に、カード会社の「問い合わせ番号」を携帯に登録しておいたり、手帳にメモしておくことがベストです。そうすれば、すぐに電話連絡ができます。

もし、「知らない」「わからない」場合は、ネットで調べましょう。

“◯◯カード 盗難 問い合わせ 海外”、といったキーワードで検索すれば見つかるはずです。

海外で盗難・紛失したときは、国内の問い合わせ先とは異なります。“海外用の受付電話番号”があるので、そちらに連絡しましょう。

ちなみに、私の場合は、三井住友カードと、イオンカードの盗難にあいました。下記ページに連絡先がのっています。

 

『LINE』を使って国際電話をかける


無論、ドコモやau、ソフトバンクの回線を使って電話連絡してもかまいません。海外用プランを申し込んでいるなら日本と同様に使えます。

また、LINEですと、ネットにつないでいなければいけないので、状況によっては使えないこともあります。

が、「なぜかドコモやau、ソフトバンクの回線が使えない」、または、「LINEのほうが通話料金が安くすむ」という場合もあります。

ちなみに、私はホテルのWi-Fi環境を利用し、LINEアプリをつかってカード会社に連絡しました。

『LINEを使った国際電話のかけ方』については、以下の記事を参考にしてください↓↓
注意点としては、「問い合わせ電話番号」がIP電話に対応していないことがあります。(LINEはIP電話なので)

例えば、イオンカードであれば、通常の問い合わせ先電話番号が、IP電話、つまりLINEに対応していません。なので、IP電話でもつながる、別の番号に連絡する必要があります。下記画像参照↓↓

f:id:rhate:20150811203257p:plain
参考:海外で『イオンカード』を盗難・紛失したときの問い合わせ、について。

「保障制度」について聞いてみる


万が一、盗難や紛失によってカードや会員番号を不正使用されてしまっても、使用しているカードによっては、「保障制度」があります。

つまり、損害を補償してくれることがあります。

なので、盗まれた、失くしたからといって、投げやりにならず、すみやかにカード会社に連絡し、補償について聞いてみましょう。

証明書が必要な場合は、警察に届け出る


被害が大きかった場合、警察に届け出ましょう。これは、日本でも同じだと思います。

が、正直、警察に届け出を行っても、どうにもならないことがほとんどです。見つかる可能性は低いでしょう。

しかし、前述した「補償制度」や、何かその他、加入している「保険」などにおいて、紛失・盗難の『証明書』が必要な場合があります。そのときは、警察に届け出て、証明書を発行してもらう必要があります。

◆ ◆ ◆

以上です。

特に、“カード会社の「問い合わせ電話番号」を事前に知っているか?”――これは大事だと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

ではまた。良い旅を!