Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

マレーシア『ケタム島』『シャーアラム』の行き方!カニとモスクを堪能しよう!

f:id:rhate:20150614132524j:plain

マレーシア・クアラルンプールから日帰りでちょっと足を伸ばしてみました。

『ケタム島』『シャーアラム』

それぞれをレポートしてみたので、よかったら参考にしてみてください。

 

『ケタム島』への行き方――“カニ”を食す!


ケタム島は漁村で有名でカニなどのシーフードが有名らしく、シャーアラムはセランゴール州の州都で、世界で4番目に大きい“ブルーモスク”があります。――ポイントはそのあたりですかね。

行き方ですが、まず、KTMコミューターでクラン港まで向かいます。終点なので乗り過ごすことはありません。約1時間30分程です。4.40RM(約145円)

f:id:rhate:20150614034215j:plainf:id:rhate:20150611170329j:plainf:id:rhate:20150614033947j:plain


到着すると、改札を抜けて左手に踏み切りがあるのでそれを渡り、つきあたりを左に曲がれば船着き場があります。

f:id:rhate:20150614034035j:plainf:id:rhate:20150614034104j:plain

f:id:rhate:20150614034339j:plainf:id:rhate:20150614034349j:plain


フェリーは、ケタム島に行く時は2隻泊まっており、おっちゃんが個人でやってる解放的なこじんまりしたもの(10RM)と大きなクーラーが効いて涼しいものが(7RM)がありました。

行きは小さいので、帰りは大きな方で帰ってきました。

f:id:rhate:20150614034458j:plain


島に到着!

f:id:rhate:20150614041808j:plainf:id:rhate:20150614034615j:plain


レンタルバイクがあったので借りましたが、正直借りなくてもいいです…。11時頃に着いたためか、漁港の仕事ぶりなどをみることはできず。そもそもここでやっているのかは疑問でした。民家と観光客用の飲食店くらいで、仕事場のようなとこは見当たらなかったです。

自転車で隅々までまわりましたが、この島は島の回りに足場を作って建物を建てていました。島の中には建物はなさそうで森林が広がっているだけのようでした。

寺院が点在していて見どころはそれと、のどかな街並みといったところでしょうか。

 

f:id:rhate:20150614042142j:plainf:id:rhate:20150614042216j:plain


インフラが整っていないためマレーシア全体としてもそうですが、特にゴミがひどく、そこらじゅうに捨ててありあまりきれいな港町ではありませんでした。。。海水も汚い。

しかし、せっかくなのでカニを食べることに!

日本人観光客もよく来るのか、日本名の表記もありカニビーフンというのを食べました。45RM(約1300円)。

カニがまるまる入ってますが、値段やや高め。

 

f:id:rhate:20150614034716j:plainf:id:rhate:20150614034725j:plain


総合評価は50点ですかね(^_^;)

『シャーアラム』の行き方――圧巻の“ブルーモスク”!


続いて“シャーアラム”へ。クアラルンプール方面へ。2.10RM。30分程。

TAXIの人は広場方面へ。徒歩の人は逆の無人改札へ――。

TAXIは片道10分程度で10RM。“ブルーモスク”と伝えると大丈夫です。帰りはお願いするとタクシーを呼んでくれました。

徒歩は30~40分程度。結構大変でした。

出口は写真左下。夜間徒歩で行ったのでその写真を載せておきます。

駅を出て工場の間一本道。写真右下の突き当りを左に。大きい道に出てひたすら北(右)に道なき道を歩きます。歩き出してすぐに右奥にブルーモスクが見えるのでそこを目指せば行けます。

f:id:rhate:20150614040129j:plainf:id:rhate:20150614040224j:plain

f:id:rhate:20150614040553j:plainf:id:rhate:20150614040611j:plain


到着すると、無料で館内を案内してもらえます。というか、ガイド付きでないと中を見れません。英語でしたが、あまり英語ができない自分にもわかりやすいように何度も説明してくれました。

中は、物凄く芸術度の高い作りで、かなり満足度の高いものでした。

さらに、 夜間はライトアップされていてまた違った雰囲気を味わえます。

(※ネタバレになるので写真は載せていませんので、見たい方は別のブログ:海外のフリー写真素材@1,001枚の旅まで)

とても満足度も高く、総合評価は95点でした!高得点!来てよかった!!

そして、クアラルンプールまでの帰りは2.60RMでした。

◆ ◆ ◆

以上、レポートでした!

ちなみに今回の旅でかかった費用ものせておくので、参考にしてみてください!ではまた!

今回の旅でかかった費用

  • 電車賃――9.10RM(約300円)
  • タクシー代――20RM(約660円)
  • フェリー代――17RM(約51円)
  • カニ――45RM(約1485円)

合計――91.10RM(約3006円)

picoture.blog.jp