読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

『ペナン島』より『ランカウイ島』を薦める理由@マレーシア観光

マレーシア旅行

f:id:rhate:20150729193301j:plain

マレーシアの島というと、『ペナン島』と『ランカウイ島』が有名ですが、

「もう一度観光するならどちらがいいか?」と聞かれたら、即答で、ランカウイ島!、であります。

『ランカウイ島』のほうが良かった。楽しかった。

ということで今回は、私が『ペナン島』より『ランカウイ島』観光を選ぶ理由を書きたいと思います。

 

ランカウイ島』ってどんなところ?

 

f:id:rhate:20150729193136j:plain

『ランカウイ島』の特徴を簡単に書いておきます。

  • 美しい自然と海に囲まれたリゾートアイランド
  • 島は2~3時間あればバイクで一周できる
  • 海の透明度が高く、ビーチが広い
  • シュノーケリング、ダイビング、ヨットクルーズなどが楽しめる
  • カヤックでのマングローブツアーにジャングル体験などの自然体験
  • 政府が指定した免税アイランド。酒税がかからないのでビールが安い!1缶50~100円


まずは、なんといっても、「海の美しさとビーチの広さ」でしょう!!

f:id:rhate:20150729192827j:plain

特に、ビーチの広さ、その奥行きには、感動しました。

人でゴミゴミとしておらず、広々と泳げるし、ゆったり寝そべることができる。

また、夜になれば、ビーチで食事したり、散歩したりする人がいて、実は、昼よりも“夜”のほうが楽しかったりする。

というのも、ビーチ付近の、海の家やレストランで売られているのビールが安い!

普通は“逆”ですよね。そういうところだと観光客相手に値上げするもんですが。

近くのコンビニみたいなところだと、缶ビール1本70円とかで買えるので、それを夜のビーチで飲むのもアリです。

マレーシアは基本、お酒が高い。が、ランカウイ島だけは“免税島”なので、安いんですね。

ちなみに、島内での移動方法は、バイクかタクシーになります。

滝を見てまわったりするのは、徒歩ではとても不可能な距離なので、「バイクレンタル」が最も安上がりでしょう。

また、ダイビングやマングローブは、基本的に観光ツアー申込です。(←これが、まぁまぁ値段しますので注意…)

『ランカウイ島』への行き方と天気・雨期について


ランカウイ島への一般的な行き方を書いておきます。

直行便はないので、「クアラルンプール」(または「シンガポール」)を経由して向かうことになります。

そして、ランカウイまでは空路で約1時間、シンガポールからは約1時間半程。

※ちなみに私は、この行き方ではなく、クアラルンプールから「バス」でペナン島へ向かい、その後、「フェリー」でランカウイ島に行きました。(フェリー代は60~70RMペナン島ランカウイ島、両方行きたい場合は、こういった方法もありますよ。

それと、気になるのが、ランカウイ島の雨期(天気)についてですが。

一般的には、「11月~5月」が比較的天気が安定しているそうですが、私は6月末に行きましたが、問題なく楽しめました。(個人の主観ですが…)

確かに、にわか雨や曇りの日もありました。が、さほど気にならず、楽しくビーチで泳ぎましたし、そもそもマレーシアの天気は、年中ゲリラ豪雨やスコールがあるので、「いつ行くのがベストか?」というのは見定めは難しいような気がします……。私はあまり気にしないですね。

『ランカウイ島』と『ペナン島』との比較

 

f:id:rhate:20150729193537j:plain

ランカウイ島とペナン島との比較してみます。

私が総合的に、「ランカウイ島のほうがいいな」と思う理由。

『ランカウイ島』のほうが、海、ビーチ、自然が楽しめる


ペナン島は、街並みがオシャレで、見どころもたくさんあるんですが、ランカウイ島と比べると、自然がちょっと弱い気がします。

特に、海やビーチに関しては、ランカウイ島の圧勝だと思います。


また、ペナン島ジャージタウンは、世界遺産ということもあってか、しっかりと街が整備されており、観光地化されています。だからなのか、“島”なのですが“島”にいる感じがしません。どうも島っぽくない。

比べて、ランカウイ島は、がっつり島です。『ぉお!自然豊かな島に来たよ!』というワクワク感を味わえるのは、間違いなくランカウイ島です。

たとえば、マングローブや、滝が数カ所あったり、スカイブリッジなどもあって圧倒的に自然豊かです。“自然好き”は、ランカウイ一択かと。

 

人でごみごみしていない、車が少ない


ペナン島は、美味しい屋台がたくさんあります。また、おしゃれなギャラリーが立ち並んでいたりと、ショッピングも楽しめる。観光客含め、人で賑わっている街です。

ゆえに、車とか、ガンガン通っています。人は少なくないです。


なので、「島でのんびりしたいなぁ」という人には不向きかもしれません。

対して、ランカウイ島は、車の通りもそんなに多くはないですし、のんびりと過ごせます。まさしく、“アイランドリゾート”の気分を味わえます。

ビールが安い!!

 

f:id:rhate:20150729193945j:plain

ペナン島の屋台は、大変安くて、味もよかった。

が、それ以外は、特別安くはなくて、観光客向けの土産物とか結構な値段します。

で、最初のほうにも書きましたが、ランカウイは免税ですから、全体的に安い。

とりわけ、お酒が安い!

財布を気にせず、ビーチで飲み放題とか…。節約バックパッカーにとっては、有難いんじゃないかと思います。

◆ ◆ ◆ ◆

以上です。個人的には、ランカウイ島をおすすめしたいですね。

念の為に書いておきますが、決してペナン島がつまんないわけではありません

以前、このブログでも書きましたが、ペナンはとてもユニークな島です。

見どころはたくさんあるので、長期観光なら、ペナン島のほうが楽しめるかと思います。

が、個人的に好きなのはランカウイ島だったな、という私の感想を書いてみました。参考になれば幸い。

ではまた。良い旅を!!