読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ハノイ市内から『ノイバイ国際空港』への行き方

f:id:rhate:20150830200438j:plain

ベトナム(ハノイ)にて、『ノイバイ国際空港』を利用しました。

ハノイ市内からノイバイ国際線まで、どのようにして行ったか、簡単に記しておきます。

少しでも参考になればうれしいです。

 

ハノイ市内から「ノイバイ国際空港」への行き方


行き方としては、「タクシー」と「バス」、2つありますが、正直、「バス」はあまりおすすめしません。

「バス」で行く場合、カウザイバスターミナルやロンビエンバスターミナルを利用するのですが、市内を通って空港へ向かうので、時間がかかったり、混み合うことがあります。

空港から市内へ、という場合なら、バス利用もアリですが、市内から空港に行くときは「タクシー」を使ったほうがいいです。バスは到着時間も不安定ですし、飛行機に乗り遅れたら悲惨ですので……。

さて、「タクシー」と聞くと値段が高そうなイメージがありますが、そこまで高くありません。

タクシー会社によって異なりますが、市内から空港まで「約30万ドン~40万ドン」、日本円で「約1,700~2,200円」。

市内から空港までの距離は約30キロなので、その長距離に対してこの価格というのは、日本と比すれば安いと思います。

また、複数人で利用すればさらに安くなるのは言うまでもありません。

タクシーは「予約」、メーターではなく「一律料金」


私は、ハノイ市内にある「ブルースカイホテル2」に泊まっていたのですが、そこのホテル受付でタクシーの予約をお願いしました(もちろん前日のうちに)。

わざわざ自分でタクシー会社に電話をしなくても、普通のホテルであれば手配してくれます。

また、通常、空港までの予約タクシーは、「メーター制」ではなく、前払いの「一律料金」です。(※私の場合、30万ドンでした)

予約せず、出発当日に、流しのメーター制タクシーをつかまえることもできますが、これはおすすめしません。メーター料金だと40万ドン以上かかる可能性が あり、高くなってしまいます。余計なトラブルを避けるためにも、一律料金である「空港までの予約タクシー」を手配するのが無難です。メーター制ではないか 念のため確認しておきましょう。

私が泊まっていた市内のホテルからだと、空港まで約30キロあるのですが、タクシーで「約35分」で到着しました。朝の6時半出発だったので、道は空いていました。

タクシーに迎えに来てもらう時間ですが、市内からだと、飛行機の出発時刻の「3時間以上前」が無難です。というか、ホテルで予約する際、スタッフに飛行機の出発時刻を伝えれば、時間のアドバイスをくれ、指定してくれます。それに素直に従うのが一番よいと思います。

また、注意点として、タクシーに乗ったら、運転手に『国際線(international line)か、国内線(domestic line)か』を伝えましょう。

国際線と国内線では空港の場所が少々異なるので、これは必ず言ったほうがいいです。

国際線なら“international line”、国内線なら“domestic line”と言えば、大概通じます。それでも通じなかったり、運転手が英語がしゃべれないときは、ホーチミンや日本など、行先を告げれば伝わると思います。

ちなみ今回、私はマレーシア(クアラルンプール)に行く予定だったので、国際線でした。

ノイバイ国際空港


大きな空港ではないので、迷うことはないと思います。

初めて利用する空港だと、やや不安な気持ちがありますが、かなりシンプルでわかりやすいです。

空港内には、カフェやバーガーキングなどがありました。土産売り場などもありましたが、総じてやや値段は高めでした。

◆ ◆ ◆

以上です。

飛行機は、バスや観光地と違って、遅れたときの悲惨レベルが格段に違うので、注意したいものですね。ちょっとでも参考になれば幸いです。ではまた。良い旅を!