読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ペナンヒル登山:ケーブルカーを使わずに登る!!

マレーシア旅行

f:id:rhate:20150627175153j:plain

マレーシア・ペナン島観光で有名なのが「ペナンヒル」

標高830mの高さから、ペナン島を一望できる丘です。(丘というかほとんど山ですが…)

ペナンヒルを登るとき、一般的には“ケーブルカー”を利用します。

2015/06/27現在、ケーブルカーの料金はコチラです↓

f:id:rhate:20150627175215j:plain
往復、
30RM

ペナンの物価を考えると少々高いですね…。ちなみに、片道(one way)17RM

で、本題ですが、ペナンヒルをケーブルカーを使わず、徒歩で登ることができます。いわゆる、登山、ハイキング。

登山やハイキングが好きな方、または節約したいという方は、自分の足で登ってみてもいいかもしれません。

では、その方法を――ペナンヒル登山の道筋を、書いていきます!

※先に言っておきますが、ペナンヒル登山は、なかなか大変です。5kmですが、所要時間は約2時間、延々と続く急勾配、相当な体力を必要とします――なので、変わり者以外はケーブルカーを利用しましょう!

 

ペナンヒル登山:スタートは“ボタニカルガーデン”


登山/ハイキングの場合、通常のケーブルカーで登るところとは場所が異なります。

下記の図を参照して頂きたいのですが、“ボタニカルガーデン”(ペナン植物園)から登っていきます。

f:id:rhate:20150627182056j:plain


ボタニカルガーデン(Botanical Garden)への行き方は、中心街であるジョージタウン“コムタ・バスステーション”から、バスで向かいます。

バスのナンバーは、某観光ブックでは102となっていたのですが、バスの運転手に直接聞いたら、ナンバー10と言われました。(どの運転手も聞くと優しく教えてくれます)

で、約20分ほどバスを待ち、運転手に“ボタニカルガーデン”と告げ、2RMを支払って乗車。

乗ること約30分、目的地到着。

バスを降りると、噴水があります。

f:id:rhate:20150627175355j:plain


噴水を越えると、すぐに「登山の入り口」看板がみえてきます↓(ボタニカルガーデンの手前です)

f:id:rhate:20150627175533j:plain


順路、道筋は下記図。全体で約5km

f:id:rhate:20150627175554j:plain


さて、冒頭でも述べたように、とにかく急勾配です。それがひたすら続きます。

いくつか、注意点を書いておきます。

“ペナンヒル登山”の注意点

 

  • 途中、水を買えるところがない
  • サンダルではなく靴で登る
  • 荷物はできるだけ軽めで
  • 時間帯によっては猛暑
  • 念のため、GPS利用できるスマホを所持


脱水症状にもなりかねないので、水はちゃんと持って行きましょう。

また、一本道がひたすら続くので、迷うことはあまりないかと思いますが、登山の終盤、私は少し迷いました。。。ですが、スマホGPSで、無事、順路に戻ることができました。

「現在地はどこか」「あとどれくらいか」、把握するためにも地図アプリとGPSの利用を強くおすすめします。
(オフライン地図アプリはMAPS.MEがおすすめ)

 

ペナンヒル頂上


無事、頂上につくと、ペナン島を一望できます。

f:id:rhate:20150627175656j:plain


頂上には水を買えるところはもちろん、レストランなどもあります。

がんばって登った甲斐もあって、それなりの達成感がありました。

ちなみに、私は帰りはケーブルカーで下山しました。片道ですので、17RMかかりましたが、しんどかったので…。

ケーブルカーだと、10分もかからずに登り降りができます。(とにかく早かった!)

ケーブルカーで下に着くと、ナンバー204のバスが待っているので、それに乗ってジョージタウン(コムタタワー)まで帰りました。

◆ ◆ ◆

以上です!

大多数の人は、ケーブルカーでペナンヒルを登ると思います。ケーブルカー自体が名物になっていますし、なかなか面白いです。

ですが、登山やハイキングが好きは、ぜひチャレンジしてみてはいかかでしょうか。やりがいはあると思います。(普段、運動をしない私はもうこりごりですが!)

では良い旅を!!