読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

Firefox41.0『新しいタブ』の設定:特定ページを表示させるアドオン

その他

f:id:rhate:20150811205854j:plain

今朝、ブログを書こうとFirefoxブラウザを立ち上げたら、バージョンが41.0にアップデートされていました。

さして気にせず、作業を続けていたら、一点大きな変化が……。

これまで新しいタブを開いたら、「お気に入りの指定サイト」を表示させるように設定していました。(たとえばGoogleやYahoo!ニュースなど)

が、Firefox41.0にバージョンアップして、これができなくなっていました。新しいタブをひらくと、「よく見るサイト」や「おすすめサイト」が表示されます。

……で、以前までのバージョンなら、[about:config] ⇒ [browser.newtab.url]によって変更ができたのですが、今回のバージョン41では、この方法でも無理なようです。

「どうしたものか」と思ってアドオン検索をかけたら、『Custom New Tab』というアドオンを発見。

このアドオンを使用して、なんとか以前の設定に戻すことができました。

 

Firefoxアドオン:『Custom New Tab』


『Custom New Tab』をダウンロードする前に、ひとつだけ準備があります。

[空白ページを表示]に設定しておく


新しいタブを開くと、画面右上に歯車マークあるので、[空白ページを表示]に設定しておきます↓

f:id:rhate:20150924011045p:plain

この設定をしなくても、『Custom New Tab』を使うことはできます。しかし、[空白ページを表示]にしておくことで、新しいタブをひらいたときに生じる“一瞬の表示読み込み時間”を割くことができます。

『Custom New Tab』をダウンロード、設定する


では、下記リンクよりダウンロード↓

再起動は不要です。手順は簡単。

『Custom New Tab』の設定を開き、新しいタブを開いた際に表示させたいページURLを入力、指定します↓

f:id:rhate:20150923144816p:plain

以上です。簡単ですね。

再起動は不要ですので、ためしに新しいタブを開いてみてください。反映されているかと思います。

その他の機能として、設定画面から下記のカスタマイズも行えます。

  • Place focus in URL bar
    新しいタブを開いたとき、ロケーションバーにフォーカス
  • Make URL bar empty
    新しいタブを開いたとき、ロケーションバーを空白にしておく

 

新しいタブを「メモ帳」にしておくと便利!!


なぜ私がここまで新しいタブの設定にこだわるかというと、私はブラウザをメモ帳的に使うことがあるからです。これが大変便利なのです。

言葉の説明ではわかりにくいと思うので、試しにURLバーに次をコピペしてみてください。

  • data:text/html, <html contenteditable>

――すると、ブラウザをメモ帳のようにして使うことができます。

で、私はしいタブを開いたときに、常にこのメモ帳が開くように設定しています↓

f:id:rhate:20150923144856p:plain

例えば、URLや引用したい文などを一時的にこのスペースに逃がしておいたりなど、様々な場面で活用できます。わざわざソフトを立ち上げる必要もありませんし、新しいタブを開くだけなので楽ちんですよ。

ということで、先ほども説明しましたが、「Custom New Tab」の設定を開き、表示させたいページURL欄に“data:text/html, <html contenteditable>”を指定入力しました。

◆ ◆ ◆

以上です。同じことで困っている人の参考になれば幸いです。

ではまた!

r-o-h.hateblo.jp