Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ドコモWi-Fi・無線LANが『制限あり』で繋がらない場合

f:id:rhate:20150814011801j:plain

2020年東京オリンピックに向けて、無料の『フリーWi-Fi環境』を整えようという動きがあります。

日本は海外と比べて、フリーWi-Fiの環境がまだまだ整っていません。安全性などを考えると、このことが一概に遅れているとはいえませんが――外国人観光客にとってはあったほうが便利でしょう。


現在、日本でも、たとえばスターバックスといった喫茶店で、フリーWi-Fiが使えます。普及率は低いですが、日本でも無料でWi-Fi利用できるところはあります。

ドコモとの契約が必要ですが、私が普段利用しているのは、『ドコモWi-Fi』です。

普通一般的な契約をしているドコモユーザーなら、無料でドコモWi-Fiの利用ができます。ドコモユーザーでない方も、月額料金を払えば使えますよ。(詳細:docomo Wi-Fi | サービス・機能 | NTTドコモ

ちなみに、利用できるエリアや店舗については下記参考↓


さて、便利な無線LANですが、先日帰国して繋ごうとしたら、なぜかうまくいかない。

“制限あり”という表示がでて、何度やってもうまくいきません。

で、パソコンのWi-Fi設定を調べてみました。すると、あることをしたら治りました。

ドコモWi-Fi・無線LAN――『制限あり』となって繋がらない場合


これはドコモWi-Fiだけに限らないと思います。

無線LAN接続、全般にあてはまるかと思います。

では、私が行った手順をご紹介。(※以下、Windows10での設定)

まずは、[コントロールパネル] ⇒ [ネットワークとインターネット] ⇒ [ネットワークと共有センター]とすすみます。

続いて、制限ありとなっている対象のWi-Fiをクリック↓(ドコモWi-Fiの場合は、[0000docomo]

f:id:rhate:20150917141916p:plain

[プロパティ]をクリック↓

f:id:rhate:20150917141927p:plain

 

  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)
  • インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)

両方にチェックをいれ、それぞれの[プロパティ]を開きます↓

f:id:rhate:20150917142032j:plain

 

  • IPアドレスを自動的に取得する
  • DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する

上記2ヶ所にチェックをいれる↓(※IPv4、IPv6、両方とも)

f:id:rhate:20150917142057j:plain


IPv4、IPv6、両方ともプロパティの設定をし終えたら、続いて、[共有]タブを選択。

[ネットワークとほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する]のチェックをはずす↓

f:id:rhate:20150922005113p:plain


以上です。

私はこれで治りました。

◆ ◆ ◆

もちろん、これで治らない人もいると思います。その場合は申し訳ないですが、何か他のところに原因があるのだと思います。

参考になれば幸いです。ではまた!