読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ホーチミン観光:『戦争証跡博物館』だけは行っておくべき@ベトナム

ベトナム旅行

f:id:rhate:20150802190853j:plain

ベトナム・ホーチミンには色々な観光スポットがありますが、「ココだけは行っておくべき!」というと、やはり『戦争証跡博物館』です。足を運ぶきだと、個人的には思います。

『戦争証跡博物館』では、ベトナム戦争で使用された兵器や当時の写真が展示されており、その歴史を学ぶことができます。

正直いうと、私はベトナム戦争について、あまり詳しくありませんでした。そんな私でも、色々と感じるところがありました。いやむしろ、あまり知らない、そういう人ほど行くべき場所な気がします。

「興味のある/なし」で「行く/行かない」を判断するより、「時間がある」なら行ったほうがいい場所、そのように思いました。

 

『戦争証跡博物館』in ホーチミン, ベトナム

 

f:id:rhate:20150802190458j:plain

開館時間は7:30~12:00, 13:30~17:00

入館料は1万5000ドン。(100円もしません。非常に安い

3階建ての展示で、丁寧に見学すると、全て観るのに1~2時間はかかるボリュームです。

屋外には、ベトナム戦争で使用された戦闘機や戦車が展示されています。

f:id:rhate:20150802190553j:plain

f:id:rhate:20150802190627j:plain


『戦争証跡博物館』に行ってみて、特に印象に残ったのは、Agent Orange「日本人関連の展示」です。

「Agent Orange」

 

f:id:rhate:20150802190700j:plain

館内2階に、オレンジ色のコーナーがあります。Agent Orangeによる被害状況を、写真などでみることができます。

Agent Orange”とは、ベトナム戦争中、アメリカがもちいた枯葉剤の名前です。

それによって奇形児が産まれたりなど、戦争の傷跡が残りました。“ベトちゃんドクちゃん”については、聞いたことがある人も多いかと思います。

少々、ショッキングな展示内容ではあります。が、これが「現実の戦争」なのだと痛感しました。

館内の中でも、特にこのコーナーが痛ましかったです。一生忘れられないなような、というより、「忘れてはいけない」、そのように思った。

「日本人関連の展示」

 

f:id:rhate:20150802191101j:plain

ベトナム戦争に対する、日本の反対運動について色々と知ることができます。

芸術家・岡本太郎さんが文字を描いたという、バッジも展示されています↓↓

f:id:rhate:20150802190731j:plain


他、日本人写真家・石川文洋さんの写真を展示した部屋もあります。

ベトナム戦争と日本は、決して無縁ではないと感じました。

◆ ◆ ◆

※ちなみに、屋外には「コンソン島」で用いられた拷問道具などが再現されています。この場所が少々わかりにく、見落としやすいので注意。『戦争証跡博物館』入り口を入ってすぐ、左手に行けばあります。

f:id:rhate:20150802190806j:plain


以上です。

時間があるなら、足を運んでみることをすすめます。多くの人は、何かしら感じることはあると思います。

では良い旅を。