読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rhythm of Hammer BLOG

海外に行くときに役立つ情報を発信したい。

ベトナム料理『フォー』とは?:ニャチャンの専門店に行ってきた

ベトナム旅行

f:id:rhate:20150811144045j:plain

先日、ベトナム・ニャチャンにある、『フォー・ホン』という“フォー”専門店に行ってきました。

名前くらいは聞いたことあるかもしれませんが、“フォー”とは、伝統的なベトナム料理。麺料理です。

“フォー”は大きく分けて2種類あります。

  • 『フォー・ボー』(牛骨ベースのスープで、牛肉が入っている)
  • 『フォー・ガー』(鶏がらベースのスープで、鶏肉が入っている)

※“ボー”は牛、“ガー”は鶏を意味する。

要は、牛と鶏、二種類あるということですね。

また、麺が少々特徴的で、平たい、米粉麺です。


今回は、そんな「フォー」について、そして、ニャチャンの人気店『フォー・ホン』について書きたいと思います。

 

ベトナム料理『フォー』を食べるときのマナー


……とその前に、一応、“マナー”のようなものがあるそうで。ちょっとご紹介。

音をたててスープを飲まない


音をたててスープを飲んだり、ラーメンのように麺をすすって食べたりするのは、マナー違反だと言われています。

スープを飲むときは、スプーンを使って静かに飲む。器に口を付けて飲んだりしない。

……といっても、私は最初のころ、音をたててスープを飲んでいました。が、実際のところ、店員に注意されるなんてことはありません。厳格なマナーではなくて、“それが一般的”という、その程度のものだと思います。(外人だから大目に見てくれているだけかもしれませんが)

お箸やスプーンは拭いてから使用する


これはフォーに限ったことではないのですが、ベトナムでは、お箸など、卓上にある紙で拭いてから使用するのが通常だそうです。

なので、だいたいどこのレストランや屋台に行っても、テーブルの上にティッシュが置かれています。

これはマナーというより、単に衛生的なことなんだと思います。実際、汚れていることも間々あるので、実践したほうがいいと思います。

ニャチャンのフォー専門店『フォー・ホン』


ということで、本題ですが。

地元の人にも人気だという、ニャチャンのフォー専門店『フォー・ホン』に行ってきました。

f:id:rhate:20150811143835j:plain

場所は、以下↓↓

メニューは実にシンプルで、「フォー・ボー・タイ」、ひとつしかありません。(※“フォー・ボー・タイ”、冒頭でも書きましたが、“ボー”ですからつまり“牛”ベースということです)

選べるのはサイズだけです。値段は以下↓↓

  • ロン(Lon)(サイズ大)――45,000VND
  • ニョ(Nho)(サイズ小)――40,000VND

値段は標準的ですね。

今回、僕はLon(サイズ大)を頼みましたが、“大盛り”って感じではなかった。腹をすかして行くなら、Lonでいいと思います。

f:id:rhate:20150811144129j:plain

f:id:rhate:20150811144136j:plain

半生の牛肉が、いい感じでした。おいしかったです。

昼間に店に行ったのですが、店内は空いていましたが。が、朝はたくさんの客で賑わっているらしいです。

ちなみに、フォーの食べ方なんですが――

  1. 皿に盛りつけられた香草やもやしを、スープに浸して食べる
  2. テーブルに置かれた調味料で、自分好みの味にする。
  3. 最後に、ライムを搾る

というのが、一般的。

調味料でカスタマイズする、というのが意外と楽しくて、私はいつも辛めにしています。

忘れがちですが、最後にライムを搾ってあげることで、スープの臭みが消え、さっぱりした後味が楽しめます。

◆ ◆ ◆

ということで、フォー専門店『フォー・ホン』、もしニャチャンに行ったときは、寄ってみてはいかかでしょうか。

ではまた。良い旅を!